門限の9時

だんだん未来広がってく

「嵐のワクワク学校2015」で個人的に好きなエトセトラ【忘備録】

【注】2015/06/27 17:00公演。ネタバレしかありません。忘備録故箇条書きです悪しからず


・光くんが細すぎるからなのか、制服のズボンの裾が長くてダルンダルン

・登場し、登壇し、先生がしゃべり始めてもずっと手を振ってる薮さんが、フレッシュJr.に見えた

・天下の嵐さんでも、大阪公演時との客席の反応の違いに戸惑う。でも、嵐さんが無反応な客席に対しても折れることなく笑いやすい雰囲気してくれていてさすがだった

<田植え>

・田んぼに向かうとき、相葉くんと山田くんは肩を組みながら移動

・翔さんが山田くんを「だーやま」と呼んだ

・相葉「苗どこですか?」山田「こっちです!!」櫻井「何しに入ったんだ(笑)」山田「相葉くんが勝手に入るから~」二宮「そういうのは山ちゃんがしっかりやらなきゃ!!」

・気が散ったのかきょろきょろする薮さん、髪の毛いじるな圭人(笑)←メモにそう書いていたw

・田植えが終わり、岸(?)に向かう山田くんがペンギンのように歩いていた

「ペンギン 歩き」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

f:id:jump924kun:20150628114919j:plain

・座学中の翔さんの姿勢が悪い、姿勢を変えに変えまくり、最終的にはお隣の潤くんとシンメトリーになっていた翔潤

<夏>

・浴衣紹介で知念さんがクネクネし、客席の「カワイイ」を掻っ攫うと、松本「お前、マイナス1だな」知念「留年しないようにがんばります」。カワイイと嫉妬しちゃう最年少潤。

・櫻井「さすが、じっちゃんの名にかけて」有岡「それ僕じゃないです」山田「それ僕ですね」櫻井「山ちゃんなの?」

・しっかりモニターを見る裕翔くん

・盆踊りの為、椅子を運ぶJUMP。もちろん、率先ではなく、そういう指示のもとなんだろうけど、後輩っぽい役割でとってもかわいかった

<秋>

・みんな机に手を置いて授業を聞いている中、ひざに手をしっかり置いて話を聞いていた光くん

・茶室に移動する時、唯一椅子をきちんとしまっていた圭人。迷ったあげく、しまうことにした様子が良い子だった


<冬・餅つき>
・餅つき名人にきちんと拍手を送る光くん

・餅つき体験で移動する際、机上のファイルを机の中にしまうかしまわないか迷って、何度も出し入れするも、周りがしまっていないからか、しまわなかった光くん

・餅つき体験に伊野尾くんが選ばれた途端、嵐さんがイジリの集中砲火を浴びせる。「なんだよ、その髪型」「変な髪型だな」など、とにかく茶々を入れられ、伊野尾「髪型バカにするのだけはやめてください」

・伊野尾くんの杵捌きがダメダメだったので、満を持しての松本先輩の登場。名人に、高速餅つきの場合の杵の持ち方を聞く際、松本「どういうスタンスですか?」。みんなに「まじめー」と言わしめる出たよストイック潤

・薮くんの餅が異常なまでに伸び、嵐さんが「薮すごい」という。

・誰よりも早く餅を食べ終えた光くん。用済みのお皿をお箸を全て机の中にしまい、ファイルを真っ先に広げ、次のお話を待機。学生時代もこうだったのではないかと思わせるほどの優等生光くん(実は声ガラガラ)

・餅つき名人に先生がお礼を述べ、真っ先にお辞儀したのもまた光くん(実は声ガラガラ)

・背筋をピンと伸ばし、膝に手を置き、しっかり頷き、就活生も見習いたいほどの優等生っぷりを披露する光くん(実は声ガラガラ)

・「JUMPくん」を一番多く使っていたのは多分相葉氏

<新年>

・優等生なのに、歩き方は猫背でダサい光くん

・2015年の福男・志和さんに挑戦する企画を前に、「誰かしら勝てると思います」というゆるすぎるコメントをする雄也。JUMPからも総ツッコミを食らう絵に描いたような愛すべきバカっぷりをあらしっくの前でかます出来る子雄也

・相葉くんはとにかく気さく。一番JUMPを呼んでたし、一番絡んでくれていた!

・福男に挑戦。櫻井「1番になった人は、櫻井に抱き着いてください。(言い直して)櫻井に抱き着くことが出来ます!2番、3番はこの人形に」JUMP「櫻井くんがいいー!!!!」。みんなして可愛い!!!翔さん人気者!

・「今のうちに志和さんにコツを聞いておきなよ」的な声に真っ先に手を挙げ、「スタート位置は重要ですか?」とすげー参考になる質問する機転が効く大ちゃん

・絶対勝ちたい嵐さんは、全てを後輩に託し、自分たちは志和さんの壁になることに専念。松本「JUMPくんたち!君たちが頑張って行くんだ!!」嵐「JUMPくん負けんな!!」という言葉を受けて走ったJUMP。ただひたすら9人全力疾走で素晴らしい景色を見せて頂いた。

・志和さん1着で翔さんに抱き着く(羨ましい!!!)。2着裕翔くんは勢いよく巫女さんの人形に抱き着きそのまま倒れる

・嵐の壁は早々に崩されたため、コースアウトし歩いてステージに向かう先輩っぷり。山田「嵐兄さん、おじさん感出すのやめてもらっていいですか?」。「嵐兄さん」って呼ばれたの私じゃないけど嬉しくなってしまった。嵐も嬉しく思ってくれてるといいな

・2005年の櫻井さんが「さとしくん」と呼んでいた

・抱負を語るのは光くん。「とめちゃん」だの「おとめ」だの様々な呼ばれ方をされる光くん。二宮さんには、「真面目なやつね!」と言われるw

・喋り出すも、まさかの声がガラガラ。八乙女「ライブリハを頑張りすぎたのとブルースリーのモノマネをしすぎたから」(そういえば、入学式の挨拶でなんで気づかなかったんだろうと思ったら、モノマネしてなんか言ってたけど、全然マイクに拾われてないと私のメモに書いてあった)。

・声のおかげで笑えちゃう部分もありましたが、光くんが10年後の抱負を(ニュアンスですすみません)。

Hey!Say!JUMP9人、一回もケンカしたことないんですよ。それは、"マルチに活動したい"とか"嵐さんみたいになりたい"って同じ目標を持っているからケンカしないのかなって。なので、もっと高い力をつけたり、"JUMPにしかできない"っていう武器を手に入れて、10年後も目標を持ってるグループでいたいなと思います


・櫻井「本当にケンカしたことないの?」八乙女「ないですねー。最近、イラッとしたことならあって、山田が先輩扱いしなくなったんですよ。」櫻井「とめちゃん(呼び方曖昧)の方が先輩なの?」八乙女「そうですね、遥かに先輩ですね。」櫻井「山田くんなんで?」山田「八乙女氏は、服が異常にダサいんですよ。でも、さらにダサい人が隣にいることに気づいたんですよ
!」

・山田「今日なんかひどかったですよ!!!色褪せたグレーのTシャツに、膝上の半ズボンに、謎のスリッパ?」二宮「メンバーカラー黄色がダサいってやめてよ~」

・櫻井「モデルやってるナカジもいるんだから教えてもらえばいいじゃん。俺がいうのもなんだけど」に対し、カメラが裕翔くんによる。裕翔くんはカメラに向かって三上くん風ウインク&ポーズ。二宮「翔さんに服買ってもらえば?」八乙女「服、買ってください!」櫻井「いいよ。超カッケ―迷彩買ってやる」

・松本「八乙女が話してるときの他のメンバーの顔見てたんだけど、みんな良い顔してて。本当に仲良いんだなと思った」


<卒業式>

・汗拭き用の白いハンカチをブレザーの右ポケットに常備していた光くん

・櫻井「JUMPくんも何かしてみたら?」八乙女「※$%△・・・」山田「なんて!?」八乙女「手紙出し合おうか!」

・式辞中、裕翔くん、伊野尾くんは気をつけ、山田くんは手を前で組む、他後ろで手を組む

・裕翔くん、翔さんの隣に立っていたけど、翔さんより頭ひとつ大きかったから多分彼180あるんじゃないのか(身長)

・トロッコ上、最後の挨拶でカメラの向きをど忘れしたのか、カメラに背を向け話し出す。隣の薮くんに後ろだと教えられ振り向く天然光くん

・帰るJUMPに、櫻井「24時間テレビ頑張れよー!」。それに対し、JUMP「ありがとうございまーす」と元気に退場。


とりあえず内容以外のものを書きました(笑)