門限の9時

だんだん未来広がってく

JUMPを解析しようという試み【1】

以前、JUMPを解析しようと思い立ったことを告白してから早いもので2週間が経過しました。バイトや春休みで忙しい上、じゃんぷは現在進行形なので止まってくれるはずもなく、ヒルナンデス!?!?ラジオ!?!?なんと・・・・!!!!と「今」を追いかけないわけにもいかない状況で、なかなか作業が進捗しなくてですね。もう、自己満だし、マイペースでいいや!!!!!!!なんて、なんの目標も仮説も計画もなく、ただ行き当たりばったりな進め方をしていて、新しいことに気づくと一からやり直し・・・・というゴールの見えない感じです(笑)


しかし、今回【1】というタイトルで書いているのは、もう途中経過という形で、気が向いたらエントリに落として行こう!という安直な発想です。あまり期待しないでほしいので、見たい方はどうぞ。







【1】Hey!Say!7における頻出上位50単語の比較


<前提事項>
・Johnnys' web内で、メンバーが週替わりで更新するブログサービス「JUMPaper」を研究対象とする。
・2012年6月からの記事を対象期間とする。(各10記事分相当*1

・絵文字、顔文字は今のところ対象外
・その他の表記(!や?などの記号、小文字、変換等)は出来るだけそのまま使用(なはずw)
・解析には「KH Coder」を使用しています

・有料会員限定のサービスの為、文章の全貌を公開するようなことはするつもりはないというスタンス(笑)



まあ、追って補足していきます。



今回は単純に、対象期間内の全記事をメンバー毎に解析しました。
その中で最も多く書かれた単語、上位50語を見ていきましょう。



<山田>



f:id:jump924kun:20140317001759p:plain





<知念>



f:id:jump924kun:20140317002010p:plain





<中島>



f:id:jump924kun:20140317002024p:plain





<岡本>


f:id:jump924kun:20140317002040p:plain





一気に全員分見ていただきました。


まず、注目したいのは出現回数です。
出現回数の大きい言葉ほど、全体を通して多く使う傾向がある頻出語だということです。
山田くんと岡本くんが一番多く使っている「笑」という言葉は、文末で「(笑)」として使われている分も含まれてしまうため、回数が跳ねあがってしまっています。これも一つの傾向でしょうか。


それを抜きに考えると、

中島 「見る」 39回
山田 「思う」 29回
岡本 「頑張る」16回
知念 「知念」 15回


という結果になります。


一番多く使っている言葉でもこれだけメンバーによって差があるのは興味深いです。

確かに、私自身、彼らの文章をテキストファイルに落とす作業の中で一番感じたのが「文章量」の違いでした。
全員10回分の記事を対象にしているので、一つの記事を長文で更新すれば、それだけ単語を繰り返す可能性が高まります。
更新を読んでいても、裕翔くんは、いつもとっても長い記事を更新してくれます。逆に知念くんや岡本くんは、毎回あっさりとした「文章量」だなと感じたことはありませんか?


そして、最も使っている単語そのものにも個性が出てるように感じます。
たとえ、「じゃんぺは自担のしか読まない」っていう方でも、この単語を見るだけで感じることがあると思います。


7の傾向(と一括りにするのは難しいけれど)としては、「頑張る」や「JUMP」やメンバーの名前などが万遍なくランクインしているようですね。メンバーの話や、メンバーへの思い、はたまた告知など、文脈は様々ですが、「文章量」の多い少ないに関わらず、グループの話をしているということですかね。



つづいて、一人ずつ私が感じたことを。


<山田>

期待を裏切らない山田くんのじゃんぺという感じです。

全体的に、仕事(特に演技のお仕事)に関係する単語が多いですね。
「思う」や「感じる」や「気持ち」という言葉が入っているのも、山田くんがその時々で感じていることを赤裸々に話してくれる傾向を感じます。
「Hey!Say!JUMP」、「JUMP」、「メンバー」、「グループ」。これは、私がこの後の解析で、いわゆる「類義語」としてカテゴライズするつもりの単語なのですが、その所属の類義語すべて上位に食い込ませるとは、さすがです。
人名では、「けいと」、「ゆうや」、「大野」が上位50語に入っていますね。「大ちゃんじゃないの?」とびっくりされる方もいるかもしれませんが、これは山田くんが大ちゃんのことを「有岡」と書いてみたり、「有岡さん家の大貴くん」と書いてみたり(笑)してるからだと思います。
「涼介」は、毎回最後に署名をするので稼いだ感じだと思います。(笑)



<知念>

まず、まっさきに触れるのは一位の「知念」ですが、これは毎回「どうも知念です」という決まり文句から始まるためだと思います。決して、「自分の話ばっかりしてる、さすが」ではなく、「毎回丁寧に名乗っていてさすが」という印象です。

知念さんに関しては、ひらがなが多くて、ソフトが拾ってくれなかった可能性が高いのですが、全体的に動詞が多いですね。以外にも、「大野」が入っていない!!山田くんは入っているのに!!
その代わり「小さい」という単語は安定のランクインで安心しました。

全体的に知念くんは、報告型の更新が多いですね。自分の気持ちではなくて、事実について話すことが多いです。「〇〇見てね」とか。メンバーの名前も「ひか」という光くんしか出てこないですし、他の3人と明らかにさっぱりした印象です。グループについての単語も上位には入ってないですし、伝えることだけ伝えて無駄がないです。



<中島>

裕翔くんに関しては、明らかに単語に偏りがありますね。もちろん、趣味の方向で。ドラムの専門用語とかがソフトで拾えなかったんだと思うけど、カメラに関しては毎回すごい熱量を注いでくれていたので、正直、一番テキストを打つのが大変でした。

裕翔くんも、山田くんと同じで自分の気持ちを丁寧に書く傾向があるようです。

あと「言う」が上位に入ってるのは、誰かとの会話を細かく教えてくれるからだと思います。「〇〇さんがこんなこと言ってました」みたいな。

「カメラ」や「半沢」、「弟」など裕翔くんらしいですね。
一番多く使ってる名詞が「JUMP」だっていうのも、いつもJUMPの話たくさんしてるからかな。

単語の出現回数が他3人と比べて群を抜いて多いのも、毎回毎回ぎっしり読み応えのある文章を更新してくれるのがわかります。
9週に1度の更新だし、これくらい書いてくれるのは嬉しいですよね。
あと、メンバーの出演ドラマの話なんかも裕翔くんはたくさん話している印象を受けました。



<岡本>

彼もねー、英語が多かったんで・・・苦戦したんですが、「頑張る」とか「一生懸命」とか「出来る」って言葉が入っているのも特徴的ですね。圭人らしい。
あと「遅れる」っていうのも、更新がよく遅れているのを毎回謝っておりますね。

「大ちゃん」「ゆうや」「山ちゃん」という単語も圭人らしいですねえ。

意外にも、毎回の「文章量」は少ないわりにファンやメンバーへの感謝を述べるのが一番多かったのが圭人でした。とにかくほとんど感謝してますね。唯一「感謝」という言葉が入っていることからも明らかでしょうが。

私はずっと山田くん中心に見ていたけれど、きっと圭人にとってもJUMPは彼の中心で、大事なものだと思ってるんだなということに気づきました。




いかがですか?今回、単純に単語だけを抽出してみましたけど、次のステップは、類義語をカテゴライズ(涼介も山ちゃんも山田も同一と捉える)して、メンバー同士の関係とかも解析したり、同じ「JUMP」という単語でも、どんな文脈で使っているのかも調べてみたいし、いろいろ企んでいることはあります。

とりあえず、今回は7を個人別にみてるだけですが、7全体でも同じように解析したら結果も変わるでしょうし、もちろんBESTも、JUMP全員でも、やっていきたいのでかなり長期戦になりそうですね。



とにもかくにも、私の文章力の無さについては御免!!!!!!!

*1:作業を進める間にも更新が進んでいく、Hey!Say!BEST分が未着手、という2点から、目安としてはバックナンバーで遡れる10記事分。Hey!Say!7:2012/06~2014/01までに更新された記事で、山田・知念・中島の最古の記事はすでに更新されてしまったので、今は見れません