門限の9時

だんだん未来広がってく

取り急ぎのおめでとう

取り急ぎKing&Prince、CDデビューおめでとう。

平凡になってしまった私の毎日に6人のきらめきとときめきが心地よい今日この頃です。
6人それぞれが歩み続けてきたからこそ今日の日があるのだと思うと、みんなが初めて私の目の前に現れた日のことを昨日のことのように思い出します。
Jr.として活動し始めた頃から知っているし見てきた6人だから。特にPrinceの3人は思い入れも強くて、3人がセクボとかセクバとか、C3とか神7とかいろんな括りで呼ばれていた時期に、私はまさにかぶりつくように3人を見ていました。
ずっとみんなの活躍は目に入っていたし、注目していました。

 


まだ過去形にするのは早いかもしれない。きっと今も、語ろうと思えば語ることができるくらい、想いが募ります。


Hey!Say!JUMPというデビュー組を応援している私にとっては、数年前、純粋無垢で可能性しかなかった6人が、JUMPと同じ土俵に上がって、1つのグループとして長く発展して、沢山の人を魅了する使命を背負うことの素晴らしさや尊さ、喜びを感じています。

 


わーーーーー日付が変わってしまう!!

 

いつだってデビューに近いところにいた6人だったと思う。だから、予想していたデビューだなという気もするし、思いもよらないデビューのような気もする。

でも、たくさんの人の夢や希望、期待を背負っていける6人だという確信もある。

このグループのことを知らない人にも胸を張って、「すごい良いグループになると思うよ」「すでに良いよ」と言える。

 

 

だから、本当に心からおめでとう。

でも、デビューはゴールじゃなくてスタートだと思う。Jr.時代、どんな夢を持って過ごしてきたか私は知らないけど、デビューは夢を叶えるスタート地点だと思う。どんな夢を描き叶えていってくれるのか、どんな世界を見せてくれるのかたくさんたくさん期待したいと思います。

だから、本当におめでとう。

 

King&Princeとそのファンの皆様に幸せがたくさん訪れますように!