門限の9時

だんだん未来広がってく

「Hey!Say!JUMP COUNTDOWN LIVE 2015-2016 JUMPing CARnival CountDown」 31日夜公演

前回は長々と失礼致しました・・・(苦笑)いつものことですね。2016年もこんな感じです。悪しからず。


12/31 22:00公演

特別な公演。どんなコンサートになるのか想像もつかない。昼公演と全く別物なのか、こちらの開演22:00からテレビでの生放送が始まる23:45までどんな風に過ごすんだろう。予測不可能さが怖かった。きっと楽しいのは確実なんだけれども。

昼公演の前にも酒を飲んで、夜公演の前にも晩御飯を食べるのには十分な時間があって、当然お酒を飲んで。昼間に比べて、会場周辺にいる人たちの年齢層も確実に上がっていた。JUMPも私もファンも「大人になったな~」。何度繰り返したかわからないけど。
座席は、昼は超メインステ寄りのスタンド席で、フロートに乗ったJUMPと目線が同じだった。列も前の方で近かった。
今回は、ほぼ正面だった。どちらも席にもかなり恵まれていた。

OP
それまでの公演と同じ映像が流れた。普通にコンサートするんだ!(そりゃそうだ)

ウィークエンダー
山田くんが「世界一幸せにしてやるよ!!」と叫んだ。よく言った!!昼間は表情がなかったのですっごく安心した。
山田くんがテンション高いのはもちろん、昼間とは桁違いに会場全体のテンションが高かった。歓声が割れているのが本当に目に見えるようだった。

Come On A My House
ズッコケがサルのマネしていたのがかわいかった。
大ちゃんが「ついてこい!」と言っていた。ついてく!さっきの山田くんといい、え、ここにいるのJUMP!?JUMPがこんなことを言うなんて・・・やるじゃん!(笑)
みんな明るい良い表情をしていて、私はそれだけでもう幸せだった。昼間のことが全部吹っ飛んだ。

Viva! 9's SOUL
知念さんがフロートの手すりに肘ついて不機嫌なお顔。かわいくてかわいくて「かわいい!!」ってなった(語彙力w)。すでに致死量のかわいいを摂取。死因はかわいいの過剰摂取かな。本望。
光くんの山田くん紹介ラップ「絶対ドSだーーーーーー!!」。山田くん爆笑(してた気がする)。
そのあとのReady Goもめっちゃ盛り上がる。

ペットショップラブモーション
きっと、ラストペトラ。あーかわいかったよ、とってもかわいかった。また会う日まで。

ガンバレッツゴー
光くんが2、3回シャツをはだけた。調子乗ってる~♡と思って珍しいもの見た。とにかくテンションが高い。客席もJUMPも高いから、相乗効果でどんどん温度が上がっていく。
シャツの中は白いタンクトップでずっこけた。ダサw 山田なら絶対裸だぜ。さすが光くん。
「ご延長ー♡♡♡」のかわいらしさ(笑)元カラオケ店員としてはとにかくとにかくこんな客いてほしかった案件。
延長確認の電話かけたかったし、飲み物とか運びに行きたかった。タイミング図らず飲み物運びに部屋に入って、BESTは気まずそうに歌うのをやめるのか、なりふり構わず盛り上がり続けるのか。はたまた、絡んでくるのか。電話を雄也がとったということは、電話の一番近くに雄也が座っていて、ということは部屋の入り口近くに雄也がいて、飲み物テーブルに置いたら「ありがとうございます」って丁寧に言ってくれそうだし、大音量で音楽の流れる部屋で、「注文いいですか?」って耳打ち!!!!!!!!!!!!!!!
2016もこんな感じです。悪しからず。(2回目)

パフューム
22歳の山田くんの「パフューム」を見ながら、14歳の山田くんを重ね合わせるようにして見ていた。「愛されるより愛したい真剣で」とか一丁前なこと言いやがってと思ったものだったが、JUMPを愛してくれてたし、頼れる子になったなと思ったよ。だから、今の山田くんに、ソロコン、やってほしいな。今なら「山田くんだけ」なんて誰も思わないし、山田くん自身のためにソロコンやってほしいなと思うんだよ。ねえ、どうでしょう。山田くんも次のステップに行こう。

ただ前へ
山田くんが裕翔くんと圭人くんの肩を持って飛び乗った。感慨深い。

この時点で45分経過。22:45。放送スタートまで1時間。

Ignition
薮くんの声は大丈夫そうだった。
山田くんのサックスのピッチがかなり高かった。テンション高かったのかな。
ここで発見したのが、この曲の時のメインモニターが、レインボーブリッジとか東京の夜景の映像だったということ。気づかなかった。
でさー、「かっこつけてるのはかっこ悪いかな」って光くん歌ってないけど答える!かっこわるくない!!!っていうか、光くんはいつだってかっこいい!!!!←うるさい

我 I Need You
知念さんもテンション高かったのかな。ソロパートがどんどん速くなって、最終的にインストとずれていた。珍しい。知念さんでもこうなんだからよっぽどみんなテンションが高かったんだな。

SUPER DELICATE
光くんが一人になったと思ったら「みんな、俺の女になってくんない?」
どうした!!!!光くん!!!!!応答せよ!!!!
いや、八乙女担になって初めて光くんに撃ち抜かれましたよ。いや、本当どうした。お分かりいただけるだろうか、Hey!Say!JUMPのテンションの高さを。
そのあとやまゆとに盛大にいじられていたのもいとおかし。そこまで含めて光くん。
2015年最後の最後で大事件でした。
後奏で縦一列から斜めにフォーメーションを変えるとき、光くんが後ろ振り向いて、真後ろの雄也に耳打ち。ふたりで笑ったと思ったら、雄也がその後ろの伊野尾くんに耳打ち。なんだったの!?なにしゃべってたの!?気になる木すぎる!!

MC
多くの人がレポしていたように、今回のMCはもう風紀が乱れまくりました!なぜなら、風紀委員の八乙女光くんがあんなんだったからです(BESTコーナーとかスパデリとか参照)。
やはりMCが始まって、メンバーもまずそこに触れました。触れずにはいられなかったという感じでした。伊野尾くんでした。こういうときも伊野尾くんは変わらない感じでした。さすが。
変なスイッチを入れたのは、お風呂の話をした大ちゃん薮くんではありません。主犯は八乙女光です。
お風呂の話をしたら、裕翔くんもやけに変な単語ばっか拾うしで、とりあえず客席はついてくしかない。
途中やまゆとが耳打ちした。日常生活で耳打ちしてる人いるといやらしいなと思うけど、アイドルの耳打ちは萌えるのなんでだろう。
そして、台湾のホテルのお話になろうとしていくとき、「話しちゃえ」「話すよ?」「やめて」とバカみたいにみんな一気にしゃべりだすから超うるせー(笑)
お話の内容は皆様のレポの通りです。

暗殺教室の結末がどうなるのかという話で
光くん「教えてほしい」
山田くん「無理です」「ヤです」
って即答されて、笑顔で両手広げて「10円出す♡」って言った光くんにはもう殺られた。ずるいよー。

薮くん「きっと知念は2016年もかわいい」
知念さん「まちがいないですねー」
のやり取りも素晴らしい。薮くんも素晴らしいし、知念さんも素晴らしい。

時計は、23:15。
放送時間に合わせないといけないからMCをあと8分続けなければいけない。うわー生放送ドキドキ。
デビューの時の横アリからの中継以来なのかな?当時はもちろんテレビの前にいたので、当時会場にいた人たちの話を聞きたい。

光くんが髪を切ったことにファンは気づいているのかという話になって、
光くん「気づいた人~!」
ファン「(ちらほら)は~い!」
光くん「うそだぁ!(笑)」
   「気遣ってくれたとしても少ないよね!」
かわいい。気づかれることに一番照れる人とか言われてるのに、自分から話始めたくせに!

MCは終始、見たことないJUMPが繰り広げられていた。あの感じがきっと素なんだろうな。JUMPかわいいなやっぱり。

314~時計
これも見納めでした。
山田くんの歌はもうすっかり安心して聴けるものになっていて、流れるように声が出ている感じがしたし、気持ちも息も全部がちゃんと歌になっている感じがした。
やっぱり山田くんらしい重いというか女々しいというか、な曲なんだけれども、山田くんが男っぽくなったなあとすごく感じた。
一旦曲を止めて、最後は山田くんが笑ってまた歌い始める。山田くんの笑顔の受け止め方は、八乙女担になって一気にわからなくなったけど、一番は、山田くんのこんな表情を引き出す岡本圭人の手腕。圭人くん何者。心から感謝。曲後の握手はなんだか熱いものを感じた。

Fever
今回は明日エルでよく着てた水色の衣装。光くんがシャツの裾を出してる!今までどうだったかそこまで注目してなかったけど、気になったということは多分しまっていたんじゃなかろうか。

UNION
UNIONも見納め。やっぱりかっこいい。2番のラップが少し走ったけど、走るのはいつものこと。それも含めて楽しいユニット曲でした。

とうとう23:45。生放送が始まったらしい。
薮くん「番組始まります・・・・あ、始まってんの!?」
いよいよだ!がんばれ!がんばろう!!
薮くん「西日本を任されているからね!」とファンを煽る。そうだ、私たちは西日本を任されているJUMPと盛り上がることを任されている。重大任務。
日本一、いや、宇宙一暑い(熱い)夜をお届けしなければ!ファンも気合いが入る。
京セラにいるのはJUMPだけ、「任されている」。任されているんだ。
握ったペンライトをさらに強く握りしめたとき、
光くん「わくわくする!!」
えー子供いたー。私は、薮様の一声で、「戦じゃ戦じゃ~」と言わんばかりの気合いを入れていたのに、力の抜けるような一言!わくわくするよね!(それどころじゃない、声を出さなければいけない私たち)(薮様の言うことは絶対〜)

スタンバイして、裕翔くんが遅れてスタンバイ。ダッシュしてきたのに、マイクを間違えて出てきたことに気づき戻る。
「早く~」とメンバーから、中継が迫り来ているのを感じさせるテンションで急かされていたことで、会場の全員が息をのんだ。

「ありがとう」~世界のどこにいても~
中継前、まさかの選曲。ありせか~!!!私はこの曲を踊るファンの動かすペンライトの動きがすごく好きなので、広いドームでできるのはうれしかった。
そして、まだまだ余裕で踊れた。

ウィークエンダー
そして中継が始まった。モニターには放送されている映像も移され、満を持してファンの大歓声。後日録画見たらやっぱすごい歓声だなと思ったけど、現場はもうわけわかんないくらい叫んでいた。声で会場が揺れたと思うくらい。鳥肌たった。一生忘れないだろうなと思った。

中継が無事終わったと思ったら、鳴り始めたベル音。またドームに歓声が起きたと思ったらScool Girl。盛り上がりといったらもうそれはそれは。そしてMagic Powerが久々の登板。JUMPコンって感じでした。
そしてまたモニターが生放送に切り替わった。硝子の少年が始まると踊りだすステージ。さすがのシンクロダンスでJUMPは踊っていました。

そして、0:00。
「あけましておめでとうー!!!」「今年もよろしくー!!」
JUMPと年を越したけど、数字のカウントダウンに注目しすぎて、勢いで年を越してしまった。飛んでない。飛ぶかと思ったけど、わー!って感じで年を越してしまった。まあ京セラはジャンプ禁止だけど、JUMPも飛ぶ余裕がなさそうなまま年を越していた。
関西Jr.と会話し始めたと思ったらBESTがはけ、サル耳して登場!大ちゃんあたり、村上くんの京セラの被り物すればよかったのに!気が付けば7もサル耳で登場!
東京は普通にライブが進んでいたので、かわいいことしてるのJUMPだけでかわいかった。
関西Jr.に「僕らのファンとらないでね」って言っちゃう薮様が薮様だった。関西Jr.の前で言わないでよー照れるじゃん←

ズンドコパラダイス
UMPを歌ったあと、また中継画面に切り替わる。グループチェンジメドレーが行われ、京セラもそれに沸く。
JUMPはズンドコパラダイスだった。かわいかった。
JUMPの曲を歌ってくれたのはキスマイで、なかなか胸熱でした。
藤ヶ谷くんがラップを担当して、めっちゃ大人な仕上がりになってた。それを見た京セラの光くんはよく聞こえなかったけど、ぶつぶつなんか言ってて嬉しそうだった。
放送ではメンバーがモニターに抜かれるって感じだったけど、京セラのJUMPも普通に立ってモニターみて笑ってなんか言ってた。
そのあと、KAT-TUNの「SHE!HER!HER!」が始まって中継が終わってしまい、若干「えー」の声が上がる(笑)いや、見たいよ。

Dreams Come True
「中継はこれにて終了です」と薮くんが言ってコンサート再開。
ドリカムのやぶひかパート、ファンに歌わせるのはもうお決まりだけど、毎回恐る恐る小さめの声で「怖がらないで」ってちょっと歌う光くんかわいいなといつも思う。怖がらないで。

ChikuTaku
この曲も、今後みる機会がなさそうだし、映像化もされる予定がないので、目に焼き付けておかなきゃと双眼鏡で光くんロックオン。光くんきれいだったー。歌いだしも昼より全然よかったし、すごく良かった!!

Very Very Happy
この曲も昼に目の前にいた雄也がとてもきれいだったので、夜は光くんを見た。席からは少し遠かったけど、双眼鏡でしっかりみた。
きれいな光くんと、その向こうで揺れる無数のペンライト。曲の最後の方で羽が吹き出して、双眼鏡の視界にも降り込んで来たとき、「天使だ」と素直に思った。私天使を見てしまった。双眼鏡を離しても、遠くにちゃんときらめいていて・・・圧倒的童話神話桃源郷感・・・・。
世界で一番美しいものを見た気がしました。目の保養。光くん世界で一番美しい(真顔)

エンディング
光くんの挨拶も「幸せ」連呼してて夢見心地な挨拶だった。
「幸せなことをたくさんしていきたい」
光くんがいれば幸せだよ、本当に。望むのは、光くんが幸せになることですよ。本当に。幸せになってください。八乙女光の人生謳歌してください。

薮くんの挨拶もアイドルっぽくてよかった。「その愛がある限り」とか素敵でした。素敵な言葉でアイドルとして最高の挨拶をする最年長がいるグループだから、Hey!Say!JUMPが好きなんだろうな。「みんなの応援は僕らの力の源」と薮くんが続けたとき、モニターに映っていた山田くんが真面目な顔して頷いていて、薮くんがいかにしっかりとHey!Say!JUMPの先導者として存在してるかがわかりました。この人がいたから、この人がちゃんと導いてくれたから山田くんやJUMPのみんながこうして笑っていられるんだなと。結局、山田くんやぶひか大好きなんだよな~。

「大きなグループになっていきたい」
その一言が聞けてうれしかった。


「単独でカウントダウンライブをやるなんて頭になかった」
そんな京セラでの単独カウコン。突然舞い込んだチャンス。
理想や欲が出てきた中でも、想像もしていなかったステージ。
「任された」という言葉の重み、JUMPに起きていることの重大さ。
「JUMPにできる」と事務所が判断してくれたのなら嬉しい。

夢に近づいたというより、夢はもう夢じゃなくて、JUMPに直面する事象
歩みを止めるわけにはいかない。何かをつかまなければならない。
今までより一歩が大きくなるような気がしていたけど、その分のしかかるものも大きくなるのだと気づいた。
これからのほうが大変だろうなと思った。
受け止められないことばかりが降りかかると思っていた。できるできないじゃない、やるしかない。できるようにするしかない。
そういうグループになるという自覚がきっとこの単独カウコンを経験したことで芽生えたんじゃないのかなと思います。
ジャニーズ自体の勢いも少し戻ってきたような気がしている。その加速に貢献できるグループに。いや、貢献しなければならないグループに。
2016年のHey!Say!JUMPの活躍が本当に楽しみです。
素敵な思い出になりました。JUMP、ありがとう!


現場からは以上です。