門限の9時

だんだん未来広がってく

映画鑑賞日

休みだったので、一日中恋愛映画を観て過ごしました。


  • ハルフウェイ
  • おと・な・り


どれも素敵な映画です。「僕等がいた」と「おと・な・り」は今回初めて観たんですけど、「おと・な・り」が、想像以上に興奮しました。


見たことある人にはわかると思うんですが、何この映画!!!!素晴らしすぎる!!!
ラブストーリーなのに、ラブシーンも告白シーンも一切ないのに、興奮するんです。
(見たことない方にはネタバレ注意です。)


観終わってしばらく、「えーーーーーーー!!!!」って言ってました。



片思いでも、失恋でも、両想いでも、そういうんじゃないんですよね。


これは、感情移入出来る共感できる恋とか、こういう恋したいとかじゃなくて、第3者目線で見ていいなと思える映画だなと思いました。


登場人物の心情なんて一切でてこない。から、頑張って察して、想像するしかないんです。


ラブストーリーという先入観で映画を見て、「これのどこがラブストーリー?」って思うのが1時間くらい続くんですけど、見終わったあとは、「もしかして、野島(V6岡田くんの役)ってずっと七緒(麻生久美子さん)のこと好きだったのか!」って思えるなんて本当に不思議!!!


野島と七緒は同じアパートのお隣さん同士で、そのアパートは隣の部屋の音が筒抜けという設定で、隣の部屋から聞こえる鼻歌とか、話し声とか、顔も合わせたことがないのに、音を聞くと安心したり、どういう人なんだろうと思ったり、お互い隣人に興味を持っているんですが、物語の最後の最後で二人が同じ中学の同級生ってことがわかるんです。


野島は、隣に住んでいるのが、中学の同級生である七緒だってことに随分前に気づいていたんだと思う。野島と七緒どっちが先にそのアパートに住み始めたのかはわからないけど。


しかも、野島は中学の頃からずっと七緒のことが好きだったんじゃないかと思う。


七緒はどうなんだろう・・・中学の先生の謝恩会の連絡網が野島から回って来ても、忘れてるみたいな返事してたし。でも、野島くんに「元気?」って聞かれて泣いちゃってた。




  • 中学の時に好きだった野島くんの声を聞いて泣けたのか
  • いつかの夜、隣の部屋から聞こえた話し声と同じってことに気づいて泣けたのか
  • 単に辛かったときに優しい言葉を掛けられて泣けたのか
  • 野島くんと、話し声と、優しい言葉、全部つながって泣けたのか

全然わからない!!!!!!

確かめる前に映画が終わっちゃったから。


こんなに映画見て興奮したの初めてだな~。
本当に良い映画だった。
いろんな人におすすめしたい。

今からTwitterで、ステマしてきます!!笑


僕等がいた」は、途中から、生田斗真くんが山田くんにしか見えなくなって、

「山田くんの初主演映画、おめでとう!!良い映画!!!」ってなっちゃった(苦笑)

吉高由里子の七美以外、本当に原作に忠実で、ほんとにハッピーエンドで良かったなと思う。泣けた。七美はもっと童顔のイメージ。
山田くんに見えたことを除いても、生田くん格好良かった~。

この映画見てて一つ考えたのは、


「幸せに出来なくてごめんなさい」というセリフを、いつか俳優山田涼介に言ってほしいということ。(笑)


「ハルフウェイ」も「ただ、君を愛してる」もおすすめします。


「ハルフウェイ」は、主演の北乃きいちゃんの役は好きになれない人いるかもしれないけど、岡田将生くん演じる篠崎って男子が本当に素晴らしすぎて、キュンキュンするので。

草食系男子、万歳!!!!


ただ、君を愛してる」は、涙なしでは見れないと思います。ストーリーも映像も非現実的だけど、こんな恋してみたい!!って感じでした!!

個人的に、この映画を見た男性の感想に興味があるので、いつか好きな人に見てほしいと思ってる。いつか・・・・・・(笑)


でも、とにかく、V6の岡田くん主演の「おと・な・り」は、良い映画です。
カメラマンの役だし、裕翔くんにやって欲しいなとか思っちゃいました。

「ハルフウェイ」の篠崎くんみたいな男子も誰かやってくれないかな~。っていうか、早くスクリーンで、素敵な恋愛映画に出ているJUMPが見たいです!!!!