門限の9時

だんだん未来広がってく

フレッシュジャニーズJr. in横浜アリーナ


12/16に横浜アリーナで行われたジャニーズJr.コンサートに行って来ました。Hey!Say!JUMPでも未だやったことのない全ステ、してきました(笑) もともと1公演だったところにもう1公演追加されたせいで、複数当選が続出したようで、皆さんチケットさばきに苦労されたみたいですね…← 追加公演である1部は空席も見かけました。グッズも全く列を作っていなくて、種類も少なくて、買う気が起きませんでした。しかし、各方面で多くのJr.が活躍してたジャニーズJr.出世年ともいえる今年、まさかJr.コンサートが開かれるとは思ってもみませんでした。


今回のコンサート、メインはもちろんバカレア組。あとnoonboyz、萩谷安井増田ライン、Sexyboyzといったところでしょうか。気になるJr.はいるものの、やっぱりモチベーションは普段より低くてかなり冷めたファンになるな、と思いきや、いつも以上に必死になって気になるJr.を探していて、しかも2公演で、とても疲れました。それくらい楽しいコンサートでした。フレッシュJr.コンサートと題されているわりに、彼らにあまりフレッシュなイメージはなく、むしろベテランJr.ばかり。パフォーマンスもさすが、という感じでした。


1部はスタンド席だったので、まずは全体を見ようとペンラ、うちわは持たず、メモとオペラグラスを持って見ていました。さすがJr.コン、周りのファンの方は興味のあるとこだけ立つスタンスで、スタンド席だったからか叫ぶ方も高くうちわを振る方もいなくて、自由にまったり見れました。


派手にコンサートが始まり、「Can do Can go」から、セクボの「with you」まで勢いよく駆け抜けました。そして、次は思いもよらずバカレア組の「fire beat」。かっこよかったー!この曲自体人気曲ですからね。かなり盛り上がりました。続いて萩谷くんのドラムとギターセッション。萩ちゃん、上手くなったね。ドラム演奏も性格でるなと思いますね。いかにも萩谷くんらしい、落ち着いたドラム。よかった。そして、ミッドナイトシャッフル。バカレア組が一生懸命煽ってましたね。
そして「Shake it up」。もちろんバカレア組で。もう、彼らの歌!?って感じですね。メンバー紹介ではバカレアの映像使われてました。ジェシー表記にざわつく会場。やっぱ変だよ。改名の意味がわかんない!ここでいうのもなんですが、私はジェシーが何でこんなにも推されているのかよくわからないんです。バカレアの時だってそんなに目立ってたわけじゃなく、英語要員な気もしてたのに…(役名も覚えてないしw) そもそもジェシー自体がかなりミステリアス。明るい子なの?カッコつけちゃう感じなの?アイドル全開な感じなの?セクシー路線なの?よくわかんない。


そして、いきなりオレンジと緑に分かれて歌い始めた。私的に「HONEY BEAT」があった時点でグリーンの勝ち!(そういうことじゃない←)


そしてバカレアの「SIX SENSES」これ、めっちゃカッコよかったです。バカレア組には特に誰が好きってないのですが、やっぱり樹と北斗はカッコいいなあ。北斗もいろんな道を通って、落ち着けてよかったね。私は相変わらずB.I.Shadow信者なのですが。




…そう!それだ!!!
私がバカレア組にあんまりハマれないのも、他でもなくB.I.ShadowとHipHopJumpというグループが存在していたという事実が私の中で消えないからなんです。どれが、正解とか不正解とかわかりません。そんなこといったら、BIでもヒプホでもバカレアでも、どれも正解だと思います。ジャニーズJr.ってそういう容赦ない悲しい別れと謎な出会いを少年たちが受け入れていくことで成り立つことだと思いますし。ただ、多分バカレアメインになるまでが早すぎたんだと思います。もう少し、長く飽きるくらいBIを見れてたらまた違ったかもしれない。ヒプホの露出が安定してたらもしかしたらヒプホが推されていたのかもしれない。そこにBIの2人が加入してただけで、誰も傷つかなかったかもしれない。


バカレア組に入れなかった同世代のJr.に何かが足りなかったわけでもないのに、バカレア組ばかりスポットが当たっていく。格差ができてゆく。ほんの数ヶ月前まで仲間だったのに。あんまりにも皆大人すぎで、もっと抵抗してほしかった。バカレア組の、特にジェシーの表情には未練がない気がする。だから、私は消滅したグループをいつまでも惜しんでいて、ジェシーが推されていくのを素直に受け入れてあげられない。



そんな時、私の心を癒す存在になってくれたJr.に今回のコンサートでさらにハマりました。それが、岩橋玄樹くん。野球で豪速球投げるのに、なんか繊細で、応援しなきゃって思えて来てしまう。しかもイケメン(笑) とても可愛いです。サインボールを近くのファンに豪速球でなげちゃうし、笑顔が素敵で許せちゃうし、なんかピュアだし。


コンサートの話に戻ると、真田くんが山Pの「One in a million」を歌って驚いた。椅子を使ったパフォーマンス、格好良かったです。同じ山Pの「MOLA」を京本くんも挑戦していました。2曲とも好きな曲だったので、楽しかったです。二人のパフォーマンスも良かったです。

あと何より北斗の「Sink you」が凄かったです。大画面に映った北斗が美しいこと。会場中が悶絶してました。完成が「キャー」じゃなくて「ひぇええええ」みたいな(笑)あれは北斗ファン増えたな、と確信しました。同じ静岡出身として誇らしかったです。

MCはバカレア、セクボ、萩谷安井、ぬんぼで。1部も2部も、同じ話題から始まり各々宣伝で終わりって感じでした。ぬんぼが面白かったです(笑) 萩谷くんがなんとなく入りにくそうに見えました。空気と化していた(笑)でも、たまに樹が絡んでいたりして可愛かったです。1部のMCは(360°ステージの構成上仕方ないことではあるとは思うけど)、皆バックステの方向いちゃって、バックステの人たちはずっと背中しか見えてない状態だったのが残念。2部では改善されていたのですが、1部の時は京本くんだけバックステ側に向いて立ってあげていて優しい子だな〜、と感心しましたね。

クリスマスが近いということで、サンタが出現したり、「White Christmas」を京本くんが歌ったり(めっちゃ素敵でした)、バカレア組の「シンデレラ・クリスマス」やぬんぼの「SnowExpress」聴けたり、お得感も満載!「僕らの街」の選曲もまさかで嬉しかったです。あと、わたし的に一番テンション上がったのが、萩安ラインの「アイノビート」。二人共、すごく格好良かったです。360°のステージも、Jr.でいっぱい見所たっぷりで行けてよかったです。

ふと、いろんなことを考えましたよ。
このステージに立っていたほとんどのJr.がJWのステージにも立っている。
スポットライトこそ当たらないものの、きっとジャニーズで一番忙しいのは、意外にこの子達なんだろうな〜と思いました。小さいながら、あんなに笑顔で楽しそうに振る舞えるのは凄いです。夏にJr.に密着した番組を見たときにも思ったんですが、ジャニーズJr.という一括りの中にもいろんな子達がいて、それぞれがいろんな環境で育って、いろんな経験をして、それぞれ人生があるっていうのが、何か不思議だな〜なんて思ったり。小学校高学年くらいでJr.に入る子がほとんど。小学生の男の子って、好きな子がコロコロ変わったり、好き嫌いがすぐ変わっちゃうイメージがあるのに、夢に向かってJr.を続けているのって素晴らしいなと思います。しかも、お母さんやおねえちゃんに勝手に履歴書を送られたっていう子もいるのに…自分に何が向いてるとか、何が好きとか、大人になる過程で気づいていくことだし、Jr.を続けて今後どうなるか分からないのに、あんなふうに楽しんでいられるのはすごいなと素直に感じて、もっともっとジャニーズJr.の頑張りを見て、認めてあげるべきだなと、ちょっと考えました。これからも、がんばれ!Jr.のみんな!!!私は微力ですが、みんなのことをちゃんと見ていきたいと思っています。