読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

門限の9時

だんだん未来広がってく

Berryz工房の新曲が神すぎて

Berryz工房の新曲「WANT!」が素晴らしく、1週間近く聴き続けています。何がすごいって聴けばわかるはず!←

最初、YouTubeを探してみてもMVが上がっておらず、ラジオで流れたと思われる音源を聴いたのですが、とにかく「カッコいい」のに「可愛い」と、インパクト大でした。しばらくタイのPops音楽で攻めていたベリーズが、テクノで派手なロック調。なのに、歌い出しが「優しく肩とか抱かれてみたい」とか…可愛いすぎる!!何回も聴いているうちに、中毒になりました。

しばらくして、MVが公開されてウキウキで見たら、これもまた可愛くて格好いい!大人っぽい中にもピュアさがあって、色気もあるのにウザくない。ベリーズのデコボコ感も何かツボ。アーティストだけど、ちゃんとアイドル。最近のハロプロは1曲1曲の衝撃が大きすぎます。


つんく♂さんは、毎回曲を作られる度にご自身のブログにコメントを書かれるのですが、それを読んで聴くとさらに楽しさが倍増する気がします。

今回のコメントで面白いなと思ったのがこの部分。

デジタルロックというか、ローリングストーンズの
「MISS YOU」のようなかっこいいロックをJ-POP風にデジロック化
するとどうなるか、というテーマで頭の中で変換し、
少々ダンサブルというかDiscoな要素も取り入れ仕上げております。

あまり馴染みのない単語ばかりですが、とりあえずローリングストーンズの「MISS YOU」を聴いて見ました。


ローリングストーンズというバンドの名前は知っていましたが、曲を聴いたのは初めてでもちろん無知でしたが、この曲を聴いて「WANT!」のメロディーが被さって来て驚きました。なんだ、これは!めっちゃ面白いな!と思って、音楽プロデューサーつんく♂の目の付け所はすごい、と思ったわけです。

デジタルロックという言葉は愚か、ロックやJ-popというジャンルも中々奥が深いので私の中でまだ概念化できていない部分もあるのですが、フェイクなどの機械音を上手に取り入れたデジタルロックという音楽が何となくわかった気がします。


私は中学から吹奏楽をやっているのですが、プロの先生がちょうどレッスン中に「ロックは伝える為の音楽だからコード進行は至って単純なんだ」と仰っていました。「だからコードの複雑なクラッシックは素晴らしい」みたいな言い方をされ、少しガッカリしたんですよね。この曲を聴いた後だったので余計…


こんなにいろんな新しいことにチャレンジして、J-popを開拓し続ける素晴らしい音楽家だっているのに。っていうか、そっちの方が難しいことだと思いますよ。聴いてもらわなきゃ成り立たないですから音楽っていうのは。


話が逸れましたが、それを歌いこなすメンバーも凄いと思います。ももちにスポットが当たり過ぎているものの、なかなかグループに反映出来てない気も最近しますが、Berryz工房で好きなメンバーは?と聞かれたら1番に菅谷梨沙子ちゃんと答えます。ハロプロキッズとして入って来た時、めっちゃくちゃ美少女だったんですよ。今はきゃりーぱみゅぱみゅ路線でメイクも濃いですが、元は本気で美少女な彼女。グループの中で1番年下なのに、一歩引いて全体を見てそうな佇まいと、省エネっぽく見えるけど力強く特徴的な声。何か好きです、彼女。

彼女の歌声がベリーズサウンドの基盤かなと思います。他のグループにはないお洒落なサウンド感みたいなものを感じるのは、多分彼女の洒落た声のせいだと思います。フェイクが掛かるとさらにお洒落に聞こえます。

中身はあんまり詳しくないんですが、梨沙子ちゃんってあんまりアイドルにガツガツしてないっていうか、アイドルな自分さえも冷静に見て、執着してないように見えるんですよね。ネガティブ、ポジティブ、両方の意味で。それが不思議。


っていうか、ベリーズ基本的に未知数。個性もバラバラだし、見た目も凹凸だし、掴みどころがないんですよ(笑)だから、余計に彼女たちの歌やダンスから何かを読み取ろうとしちゃう。でもベリーズの曲は繰り返し聴いても飽きたことがない。今回も鬼リピしてますからね(笑)

久々にハマった1曲でした。