門限の9時

だんだん未来広がってく

好きになったアイドルグループには、残り時間があった

8月31日に最終回を迎えた「PRODUCE48」。日本人練習生からはHKT48の宮脇咲良ちゃん、矢吹奈子ちゃん、AKB48の本田仁美ちゃんの3名がデビューメンバーの12人に選ばれ、IZ*ONEとして、韓国で10月29日にデビューすることが決まった。さらに、IZ*ONEの活動期間中…

SEVENTEENのコンサートに行ってよかった

この幸せな思い出ひとつあれば、軽く100年は幸せに生きていけそう。そう思える出来事だった。 カラオケで何を入れたらいいかわからないなと思ったとき、いつも入れてしまう曲が、プリンセスプリンセスの「Diamonds」だ。その曲の「プレゼントの山 埋もれもが…

King&Prince、強すぎる

キンプリの1stコンサートに行ってきた。キンプリど強え(言葉遣い)。なんだあいつら。聞いてない。えらい強い。余韻に浸る?いや、ズタボロ状態にも程がある。やられまくった。戦ってきたの?って感じ。King&Prine、強すぎる。 まず、言わずもがな、デビュ…

夜更かししてPRODUCE48を観ている

PRODUCE48にハマっている。毎週金曜の放送がとにかく楽しみだ。もともと、このプロジェクトの動きはなんとなく知っていたけれど、韓国のアイドルと日本のアイドルというのはあまりにも毛色が違いすぎて、企画がきちんと成り立つのか、韓国のケーブルテレビ局…

取り急ぎのおめでとう

取り急ぎKing&Prince、CDデビューおめでとう。 平凡になってしまった私の毎日に6人のきらめきとときめきが心地よい今日この頃です。6人それぞれが歩み続けてきたからこそ今日の日があるのだと思うと、みんなが初めて私の目の前に現れた日のことを昨日のこと…

Hey!Say!JUMPの10周年が過去になってしまった

Hey!Say!JUMPの10周年が過去になってしまった。そりゃそうだ。年が変われば10周年は終わって、11周年の年になるんだから。なのに、私はこれまで10周年が過去になる日が来るなんて微塵も考えたことがなかった。ずっと、いつだって、意識していたのは、10周年…

八乙女光担のクレド〜10000字インタビューを読んで〜

楽天やリッツ・カールトンといった、業界の最前線に立つ企業が次々に取り入れているクレド。ラテン語で「志」「信条」「約束」を意味するそれは、企業が掲げる「理念」というものをより具体的行動に噛み砕き落とし込み、ステークホルダーに対してよりわかり…

親愛なるHey!Say!JUMPへ

結成10周年おめでとう。歩き続けてくれてありがとう。しかも、9人横一列で歩き続けてくれてありがとう。 10周年を迎えたHey!Say!JUMPに1番伝えたいことってなんだろうと考えてた。今、目の前に彼らがいたらなんて言うかなって考えた。 「10年お疲れ」「これ…

未送信ボックスのガラクタ

眼下の朝日 寒くて布団から出られない朝が続いている。秋まで起きていた時刻の10分後に「やばい」と飛び起きて、なんとか捻出するのは、たかが10分の睡眠時間である。平日はそのたった10分を死守するために、駅までの道をダッシュする等の犠牲を厭わないくせ…

「好き」と思っただけのこと

火曜日のヒルナンデスをレコーダーの自動録画リストから削除して、何ヶ月くらい経っただろうか。居住地域で放送されていないスクール革命とリトルトーキョーライフも、関東在住の弟の家で一応撮り溜めてもらってはいるものの、観れずにきっと彼のレコーダー…

君の言葉と一緒に歩いてく

大変、ご無沙汰しております。久しぶりのブログ更新です。裕翔くんの誕生日もJUMPの結成日もデビュー日も知念さんの誕生日も、全てスルーして、どんな顔して文章を書けばいいのかまだ迷っています。でも、自担の誕生日なので書いています。 まず、光くん、26…

ジャニーズオタク自己紹介バトン

じゃにーずおたく自己紹介ばとん【名前】 ななん 【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】名前:Hey!Say!JUMP八乙女光くん 好きなところ:かっこよくてかわいくて真面目でストイックで、でもちょっとおバカで抜けてて、2枚目でも勝負できるのに3枚目がん…

弾丸宮城遠征記〜計画性ゼロの新入社員〜①

事の状況が大きく変わったのは、週の始めに届いた1通のメールだった。 Hey!Say!JUMPのコンサートツアー宮城公演における「制作解放席」募集お知らせ。 それまで、「制作解放席」など、10時ちょうどに電話を掛けても既に終了しているプレイガイドのチケット販…

君のその一言が

伊野尾くん、いくらなんでも遅くなりすぎですが、6/22、26歳のお誕生日おめでとうございました。 そして最近の活躍おめでとうございます。 遅くなって本当にごめんなさいね!!忙しかった!!社会人って大変ですね!!裕翔くんにも書きたいことがあるので、…

「DEAR.」 の感想の前に

花火を見た。彩られた夜空を見上げながら、聴いたばかりの曲を思い出し、今の私の胸の真ん中って何なんだろうなんて考えた。 残念ながら、今、私の胸の真ん中にあるのはHey!Say!JUMPではない。もちろん、今までのように、変わらずHey!Say!JUMPが真ん中にいて…

恋と言うな、愛と言え

久しぶりに人を愛しいと思った ちょっとぶっきらぼうなとことか 私服が良い感じの日とダサい日の差が激しいとことか 調子乗りで単純なとことか そのくせ根は引くほど真面目なとことか 味覚が子どもっぽいとことか レモンサワーが好きなとことか 写真撮ると必…

寂しいけど、全然寂しくなんかない

会社の同期と飲んでたら、隣に座ってた男子が急に、真面目な顔して、「なんで彼氏いないの?」と聞いてきた。知るか。こっちが聞きたいよ。私に聞かないでくれ。理由は私にあるんだろうけど、それが分からないから今、彼氏がいないんだ。大学4年間を東京とい…

変わったこと

山田くん、23歳のお誕生日おめでとうございます。山田くんの誕生日、毎年書きたいことがたくさんあったのに、今年は何書こうかなって悩んでいます。この1年で、私は山田担ではなくなってしまいました。あんなに離れられなかったのに、八乙女担としての私が自…

「数々の場面」

いつの間にか、あの時、取材陣の前で謝った薮くんの年齢を、私はもう追い越してしまっていた。時の流れとはなぜこうも残酷なのだろうか。君のいない毎日に、自然と慣れてしまった。時間のせいなんだ。だって、忘れてしまったわけではないのだから。あの晩、…

久しぶりにJUMPの出演番組をリアタイした

生きているということいま生きているということそれは終業時刻が近づいてそわそわするということ残業せずに帰り支度を始めるということ同期からの「飲みに行こう」というお誘いを断るということいつもより大きな声で「お疲れ様」を言うということ生きている…

絶対的存在

有岡くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。メンバーの誕生日が近づいてくると、どんなことを書こうか考えるのですが、今回はまず、今の私が思う有岡大貴をいくつかの言葉で表してみようと思います。"有岡大貴"とは…「『大ちゃん』世界制覇」「欲しい言…

君の色

遅ればせながら、岡本圭人くん、23歳のお誕生日おめでとうございます。 23歳になった君へ、「今は将来を語るより、早く追いつきたい」*1と言う君へ… 私も、君について語るより先に、とある曲の歌詞を届けたい。 誰かと比べて、今の君に足りないものがあるな…

映画「暗殺教室〜卒業編〜」 感想

映画「暗殺教室〜卒業編〜」を観た。無事に観れた。 1年前、前作である「暗殺教室」が公開された時、私は就職活動を始めたばかりで、今日を明日に繋げることで精一杯だった。ただ、1年後の自分の無事だけを祈って。そのために朝起きてスーツを着てパンプスで…

「笑顔」の似合う人

高木くん、26歳のお誕生日おめでとうございます。 彼の笑顔を見るたび、彼が今ここにいるのは必然なのだと感じる。 彼は、本当に幸せそうに、楽しそうに笑う。 彼が笑うとこちらも幸せになる、嫌なこと全部吹っ飛ぶような、あの笑顔が見れるならなんだって出…

晴れ舞台を待つ君へ

日本アカデミー賞授賞式の放送がもうすぐ始まる。君はどんな気持ちでいるのだろう。「良い表情」をした君が見たい。凛とあれ、私は君が誇らしい。ずっと誰よりも前を走らされて来た。こんなに一生懸命に走る必要ある?って毎日思ってた。でも、走り続けてく…

いつかまたね交点の先で

私は、何者でもない。 高校3年のクラスメイトが、小説家になった。 聞けば、あの国民的小説家がデビューを掴んだコンテストで大賞を受賞し、デビューという運びになったという。 その知らせは、本人から、高校3年のクラスLINEで聞いた。このクラスLINEが最後…

Hey!Say!JUMPのマイクの持ち方を観察してみた

広いコンサート会場で歌って踊るアイドルにとってマイクは必要不可欠なアイテムである。 ダンスを売りにするグループを応援している私にとっても、ハンドマイクで歌うのかヘッドセットで歌うのかは、密かに気になる案件だったりする。 私は、ハンドマイクが…

映画「ピンクとグレー」 感想 というか気持ちの殴り書き

年が明けたのなんて昨日のことのように思っていたのに、もう2月である。 去年の今頃といえば、私は3月から本格的に始まる就職活動に向けて、学内主催の業界研究セミナーというものに片っ端から参加していた。 将来の進路を考える時期だというのに、1年先の自…

ゴールを守るFW

薮くん、26歳のお誕生日おめでとうございます。 「ピッポがゴールを愛しているんじゃない。ゴールこそがピッポに惚れ込んでいるんだ。」 イタリアのサッカー選手、フィリッポ・インザーギ選手(通称ピッポ)のことを、ある人はこう言ったそうです。フィリッ…

ジャニーズ楽曲大賞2015(控)

今年も投票させていただきました。 1から5まで順位をつけなくてはいけませんが、選んだ5曲はどれも私の中で1番でした。 楽曲部門 1位:「Wait for You」 V6 全ジャニヲタ、いや、全国民が心から祝福した20周年。20周年を迎えた彼らの歌うこの曲は、パフォー…